【2019年2月】鉄道乗車記:京都丹後鉄道宮福線の旅

地方公共交通活性化の先進地、「海の京都」丹後半島を鉄道と路線バスを乗り継ぎ旅をしました。その1として、京都丹後鉄道宮福線の様子をお伝えします。

乗車した列車
路線 区間 乗車列車/車両 所要 事業者
京都丹後鉄道宮福線 福知山→宮津 4811D 快速丹後あおまつ1号/KTR708 48分 WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
京都丹後鉄道宮津線 宮津→天橋立 229D/KTR704 5分 WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
はじめに

地方ローカル線再生の新たな取り組みとして注目されている「京都丹後鉄道」(通称「丹鉄」)と、運賃低減施策でバスの利用客を大幅に増やすことに成功した「上限200円バス」。ここ丹後の国で展開される地方公共交通の新しい波を体感すべく、今回の旅先に選んだ。

福知山から宮津まで京都丹後鉄道「あおまつ号」に乗車

2月下旬の平日、暖かい春の陽気に包まれた穏やかな旅行日和。大阪発のJR特急「こうのとり1号」は、9:50定刻通り福知山駅に到着した。ここから丹後半島への旅が始まる。

福知山に到着

ここ福知山から丹後半島の付け根、宮津・天橋立方面へは「京都丹後鉄道宮福線」が伸びている。この路線は1988年に開業した比較的新しい路線。もともと旧国鉄の新線として建設開始されたもので、国鉄再建法による工事一旦凍結ののち、第三セクター鉄道「宮福鉄道」の路線として開業。同社はのちにJR宮津線の経営引き受けと同時に「北近畿タンゴ鉄道」と改称、2015年に資産保有と運営が分離(上下分離)、運営は旅行会社ウィラーグループ傘下の「WILLER TRAINS 株式会社」に引き継がれ、ブランド名は「京都丹後鉄道」とされた。

久々に訪れた福知山駅は新しい高架駅に生まれ変わっていた。高架化と同時に駅構内がスリム化されたのか、駅前広場が以前より広大になっている。駅前ロータリーがゆったり機能的になった反面、街との”距離”が少し離れてしまった感じがするのは気のせいか。

高架の福知山駅
丹鉄のりば
丹鉄改札口

これから乗る快速「丹後あおまつ1号」天橋立行の発車は10:17。列車はすでに入線していた。当駅での日中時間帯の普通・快速列車発車時刻は毎時17分で統一されている。パターンダイヤで利用者には分かりやすくて良い。

あおまつ号(KTR708)

この「あおまつ号」車両は水戸岡鋭治氏のデザイン。木材をふんだんに使用した内装が特徴的だ。中に売店コーナーがあり、グッズや御当地コーヒー「丹鉄珈琲」などの軽食類等が販売されている。ちなみにこの「丹鉄珈琲」は、同社の親会社などが出資して設立された投資型鉄道ファンド「丹鉄ファンド」を活用して事業化されたもの。

売店コーナー

列車は福知山を定時に出発。1両編成で座席はほぼ埋まった。オフシーズンの平日にしては観光客が多い様子。大学生風の集団や熟年カップル、女子二人旅など、客層は様々である。

途中、客室乗務員による観光案内放送が随所で行われた。大江山口内宮駅の手前では駅間観光停車が行われ、三角形のピラミッドのような山「日室ヶ嶽」と、元伊勢伝承地「元伊勢内宮皇大神社」の案内があった。

大江山口内宮駅手前で観光停車

11:16、列車は定刻通り丹鉄の要衝、宮津駅に到着した。「丹後あおまつ1号」はここから宮津線に入り天橋立駅まで向かうが、ここで後続の豊岡行に乗り換えることにする。少し時間があるので駅構内を探索してみる。

宮津駅と天橋立駅の様子
宮津に到着
宮津駅構内
跨線橋
出札と改札

駅構内は古いながらもきちんと手入れされており好感が持てる。JRの特急列車が乗り入れているためか、出札口ではJRの指定券が購入できる。

待合室には「丹鉄珈琲」のコーヒーショップ「114km Cafe」があるが、この日は平日なので残念ながら閉まっていた。この”114km”とは、丹鉄の総営業キロ114kmを円の直径に見立て、同社公式サイト曰く、直径114kmの「世界で一番大きいカフェ」とのこと。クラウドファンディングにて資金調達し2018年6月にオープンした。

丹鉄珈琲「114km Cafe」

11:18発の普通列車豊岡行に乗車し、天橋立駅に向かう。宮津駅から1駅だ。なお、福知山・天橋立間のみ電化されており、京都から直通のJR特急電車が乗り入れてくる。

豊岡行車内(KTR704)
天橋立駅に到着
隣には先ほど乗った「あおまつ号」が停車

天橋立駅構内も宮津駅同様美しく整備されている。ホーム上屋や豊岡方の階段跨線橋は国鉄時代からの古いものであるが、古さを美しく演出することによりレトロ感を醸し出している。この跨線橋の床や階段がピカピカなのにはたまげた。これだけ磨くのは大変な労力がいることだろう。なお、エレベーター専用跨線橋は反対の宮津方にある。

美しい跨線橋

国際的に有名な観光地だけあって、外国人の姿も多い。駅舎内には観光案内所が設置されており、各国語のパンフレットが置かれている。駅舎は小さいながらも小奇麗に改装されており居心地が良い。宮津駅同様、ここでもJRの指定券が購入できる。

出・改札口
駅舎内の観光案内所
駅舎外観

さて、これから「上限200円バス」に乗り換えて丹後半島一周の旅に向かうことにする。

(その2 丹後海陸交通「上限200円バス」)

【2019年2月】バス乗車記:丹後海陸交通(丹海バス)上限200円バスの旅

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です