【2019年8月】鉄道乗車記:北京-成都 特快列車T7次の旅(その4)

その3に引き続き、特快T7次の旅の様子をお伝えします。列車は終着駅成都に向けてラストスパートします。

(その3から続き)

【2019年8月】鉄道乗車記:北京-成都 特快列車T7次の旅(その3)

乗車データ

項目 データ
事業者 中国鉄路総公司(CR)
路線 京広、石太客専、太中、包西、隴海、宝成線
列車番号 T7
乗車駅 北京西
降車駅 成都
出発時刻 予定16:40 実際16:40
到着時刻 予定翌20:36 実際翌20:43
所要時間 28時間03分
乗車クラス 軟臥車

表 T7次の停車駅及び時刻(2019年8月現在)

停車駅 到着時刻 発車時刻
北京西 16:40
保定 18:00 18:04
石家荘北 19:30 20:03
太原南 22:15 22:22
吕梁 23:54 23:58
延安 3:01 3:06
西安 6:21 6:41
宝鶏 8:22 8:32
鳳県 10:41 10:43
両当 11:11 11:13
徽県 11:31 11:36
略陽 12:52 12:55
広元 15:37 15:46
綿陽 19:04 19:08
成都 20:36

乗車体験記

宝成線 再び山越え

15:46、広元駅を定刻に発車。ジャンクションらしく、たくさんの線路が各方面に分かれていく。

広元駅発車

ずっと寄り添ってきた嘉陵江とはここでお別れ。線路は山越え区間となる。

嘉陵江の支流、白竜江
昭化駅

しばらくは、嘉陵江の支流、青江河に沿って進む。沙渓壩-竹園壩駅間は峡谷になっており、上下線が分かれて川を挟み両岸を走る珍しい線形。

対岸に上り線が走る

この辺りも、大規模に線路が付け替えられている。橋とトンネルで、蛇行を繰り返す川をショートカットする。

青江河を渡る

斑竹園駅を通過し、山越えとなる4000m級の長大トンネルを抜けると、上り線のみ当線2箇所目のループ線区間となる。残念ながら今回通った下り線側からは交差部の様子は良くわからなかった。

斑竹園-馬角壩間(上り線のみループする)
馬角壩駅

時刻は17:40を回り、既に昨日の北京西駅発車から25時間が過ぎた。終点成都まではあと3時間。4回目の夕食の時間に差し掛かる。列車員が最後の弁当の注文を取りに来る。

しばらくして、おかずご飯のワゴン販売もやってきた。トレイに白飯とおかず数種類をのせたものが1つ25元。料理は餐車謹製。

夕食のワゴン販売

宝成線 四川盆地を走る

列車は四川盆地へと入っていく。曲線も緩やかになり、列車の運転速度が上がってきた。高速鉄道「西成客運線」との併設駅、江油駅は通過。

双河口-江油間
江油駅付近

18:50、最後の途中停車駅、綿陽駅に到着。驚きの14分早着。あまりに早く着きすぎたので、ここで下車の乗客がしばらく到着に気付かず、慌てて降りて行った。

ここ綿陽市は成都に次ぐ四川省第2の都市。市区人口は170万人を超える。2008年の四川大地震では、震源に近い当市内は大きな被害が発生した。

綿陽駅手前で涪江を渡る
綿陽駅

この綿陽駅も、「西成客専線」との併設駅で、高速列車が頻繁に発着する。中国の高速鉄道の駅は、在来線の駅とはかけ離れた辺鄙な場所に設置されることが多いが、この路線は広元、江油、綿陽、徳陽の各駅とも在来線と同一駅となっており非常に便利だ。

高速列車が発着する近代的な構内

早く着きすぎたため18分間停車。19:08、綿陽駅を定刻に発車した。ホームではメガホンと無線機を持った駅の客運値班員が列車を見送る。

綿陽駅発車

列車は終着成都駅に向けてラストスパートする。既に外は真っ暗。乗客、乗務員ともそれぞれ下車の支度に忙しい。

もうすぐ成都に到着

成都駅の一つ手前、天回鎮駅でしばらく停車。おそらく成都駅の到着線路が開通していないのであろう。

20:43、成都駅に到着。7分の遅れであった。28時間03分の列車の旅がようやく終了した。

成都駅に到着
成都駅出口

感想

28時間列車の旅。確かに長旅ではあったが、格別”長かった”という印象は無く、むしろ”あっという間”に終わった感じがする。特に2日目の宝成線区間は景色に魅了され、ずっと車窓を眺めていた。

高速交通網が充実しつつある中国であるが、依然として昔ながらの客車列車にも活気があったのには少し安心した。

日本人の感覚からは、決して快適な旅であるとは言えないが、中国人の日常を垣間見ることができる貴重な空間である。

日本では、ほぼ失われてしまった長距離汽車旅。いつまでもこの風情が残されることを切に願う。

関連リンク

中国国鉄 https://www.12306.cn/
中国鉄道予約 Trip.com https://jp.trip.com/

【関連記事】

中国国鉄路線一覧表(旅客営業)

鉄道コム

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です